【書評】われわれはいかに働きどう生きるべきか


・われわれはいかに働きどう生きるべきか P.F.ドラッカー

原書のタイトルは”The HOW TO ドラッカー"というそうだ。
ドラッカー氏へのインタビュー形式で構成されているので、日本語で言えば「教えてくださいドラッカーさん」という感覚だろう。

結局何の教えを乞うているのかというと、

・上司としてマネジメントはどう取り組むべきなのか
・組織にとって人事とは何か
・生き生きと働くためにはどうすべきか

こういった点をドラッカー氏に語ってもらっている。
ドラッカーというと「マネジメント」が主題なのかと思っていて、今作でも上司はどのように部下を扱い、組織として成果を出すべきなのか、ということを語っている。
ノウハウやツールではなくて、「心構え」についてがメインだが、昔の人だがいまだに活かせる部分は多いと思う。

たとえば、

・部下の個々のスペシャルな技能を活かすことが重要で、逆に弱みを指摘することはやるべきことではない
→確かに組織としてみたら、個々の強みを積み上げた組織が強いのであって、金太郎飴のように各々を平均化しても必ずしも強くならない。

この視点は今の組織にも十分に活きるポイントだろう。

主にマネジメント層へのメッセージなので、自分には少し早い気もしたが、エッセンスとしてのまとまりは非常に良い本でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

われわれはいかに働き どう生きるべきか [ P.F.ドラッカー 述 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)





[PR]
by dwd31 | 2017-03-05 06:23 | 書評 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa