空を見て過ごす


今日は体が重く、頭が疲れていたので会社を休みにした。
会社に行かないと決めたのは昨晩だったが、行かないと決めたらここ最近で最も熟睡できた。

会社へ行くことを考える事自体が睡眠の足かせなんですよね。

そして休みにしたら、久々に空を眺める時間が出来た。
日頃はビルの中に朝入って、出てくるのは日が暮れた後なので、日差しを浴びることがほぼない。

久々に太陽の下へ行くと目が眩しい。
でもこの眩しさが特別感があって嬉しい。

一人の会社員が一日家にいても、自分の回りは何も変わらないように回っている。
見上げる空は広くて、一人の人間が会社で感じる鬱屈の小ささに比べて、空はこんなにも広いのか、と思う。

会社の中だってきっと同じ。一人いなくても会社という広い世界は変わらず回っていく。
日頃の閉塞感が吹き飛ぶ極上の過ごし方ですよ、平日休むのは。

体が会社へ向かないときは、「休め」というサインだと思って休むに限る。
人間は本来、楽ができるときには楽するように出来ている。
必要以上に真面目になることはない。本能に従い休めば、今日みたいな体験もできるしリフレッシュになるし。

いい一日だったな、と今日は布団入ったときに思える日でした。

[PR]
by dwd31 | 2017-03-07 20:06 | 雑記 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa