サボりという名の休暇が板につく


生まれてからこのかた、「サボり」という意識で休むのは、今が一番多い。

学校時代は「クラスの〇〇に会いたくないな」とか、「嫌いな美術の時間かよ」思っても、一応通ってはいた。
なんで通ったのかは今考えるとよくわからないが、身に刷り込まれていただけかもしれない。

入社直後も「本意じゃない仕事だな」と思っても、なんとなく毎日出社した。
給料もらうには通わないといけないのが当たり前なんだろうな、という事しか思ってなかった。

しかし今は考えを改めた。嫌なものに行くのが本当に「自分の」人生なのか?と。
行かなくていいなら行かない、それでいいじゃないかと。
毎年年度末に余ってしまう有給があるなら、使ったほうがいいと思いました。

ということで、今日は休みです004.gif

有給って、ヤフーとかで法的な位置づけを検索すると数少ない労働者に有利な権利だと思いますけどね。本来、従業員が休暇を取ることに対して、企業側は拒否はできず、「時季変更(業務上替えが利かない場合のみ時期をずらす要請)」しか認められてないのだから。

ずらしたって、いつまでも休暇を取れないようにするのは違法な振る舞いです。
有給は失効したら価値を失ってしまうし、ただただもったいないですね。

と、書くと「休暇ばかりしている人はクビになりやすいんじゃないか」とか「左遷されるんじゃないか」とか思うのかもしれません。
しかし、それも違法なはずです、本来は。
休暇を取るのが従業員の権利なら、それを材料に扱いを変えるのはおかしなことです。

だいたい、ある程度人員が居る会社なら、一人が休暇しててもあまり気づかれませんし、「あの日も〇〇が休みだったな」なんてことまで頭が回りません。
そこまで他の人の事に注意を払って仕事してないと思うんですよね、周りの人は。

自分は少なくとも、周りの誰がどう休もうが気にもしないし、大して話題にもしません。

仮に仕事の関係者に電話でもして「今日は〇〇は休暇を頂いてます」と言われたら、
⇒それなら自分の仕事も進まないから自分も今から休みにしよう!
と思うだけです。その人が休みであることを悪く思う事はこれっぽっちもありません。

そんなわけで、今日の一言004.gif

もっと好きにサボったらいいんだよ

[PR]
by dwd31 | 2017-03-14 12:17 | 仕事 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa