残業・有給がキーになる就活に思う事


いまどきの就活では、残業が多くないか、休暇が取れるかに重きが置かれているらしい。
https://dot.asahi.com/wa/2017060200048.html

以下、記事から引用。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した、「2017年度新入社員意識調査アンケート結果」によると、新入社員が会社に望むこととして、今年度初めて「残業がない・休日が増える」が「給料が増える」を上回った。
(引用終わり)

この「残業がない、休日がきちんとある」というのを重視するというのは、裏を返せば「あまり会社の仕事に面白みはなく、熱中できる事ではなさそうだ」と思っている人が多いという事ですね。
仕事以外に重きを置いて生きていく、そう考えたら仕事にかかる時間は少ないほうが良い、それは自明。
会社は単なる必要な収入を得るための場所に過ぎません。そういう事なのでしょう。

「仕事は決してそんなものじゃない、しっかりやれば熱中できるし、やりがいのあるものだ」とか、「そういう考え方は甘い」とか、いろいろと指摘されうる考え方ではあるだろう。

しかし、数多くの人間が会社に入っていく中で、会社が全社員に対してそういう満足できる仕事をあてがっているのかというと、決してそんなことはないだろう。
そもそも会社都合で人事ローテーションをしていたら、個々の希望とマッチしないケースは往々にしてある。
そうやって必ずしも満足する仕事が出来るか分からないと考えたら、一定数「仕事以外に活路を求める人」が出るのはむしろ自然ではないか。むしろ正直な印象で就活しているな、と思うけれど。

「そんなスタンスでは将来にわたって雇用が確保されるか怪しいですよ」と思われるかもしれないが、熱心にやったって将来も仕事が確保されるかどうかは分かりません。東芝みたいに会社全体で不祥事起こすのを一個人が止められますか?
むしろ仕事以外で活躍できるなら、そちらの方が将来の安全弁になることだってあるのでは。
当初は収入を得るつもりでやってなかったが、思わぬ形で収入源になります、そんな活動があるかもしれません。

ちなみに自分は「自給」が出来たらこの将来にわたる収入不安は解消すると思っており、仕事の傍らで農作業をすることがリスクヘッジでもあり、熱中できることとして取り組めるようになるといいのかと思っている。


[PR]
by dwd31 | 2017-06-08 06:15 | 雑記 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa