「世界は広い」ということを感じる方法


「一つの会社にずっと居なきゃいけない」、という思い込みが ブラック企業で苦しむ人の中に植え付けられているのではないか。

そんなとき、「会社、職場は広い世界のほんの一部分に過ぎない」と思えたら、だいぶ気が楽になる。これは自分の体感でもあります。

じゃあ、どんなところで、何をしたら「世界の広さ」に気づくだろう。

自分の場合、

・江の島に行く
大きな海を見て、青い色の広がりを眺める。つまり、晴れの日限定のアクティビティですが、爽快感は抜群です。
ついでに海産物グルメも満喫すると、多いにリフレッシュしますよ。


・家ついていってもいいですか?を見る
テレビ東京の番組です。終電逃した人にタクシー代を提供するかわりに、自宅へついていき、その人のエピソードを聞くという内容ですが、毎回面白い生き方をしている人が登場して、生き方の多様性を実感できます。


・宇宙の歴史を学ぶ
宇宙は150億年という途方もない長さの歴史を持っている。その長さと人の人生の長さを比べたら、今の出来事なんて極めてちっぽけで、どんな風に生きたとしても宇宙から見たら何も変わりがない、と思えてくる。
決してネガティブではなく、大したことない人生だからこそ、「何をやっても自由なんだ」とふっ切ることができます。

参考になるのかわかりませんが、とにかく一歩引いて広い世界を眺める作業は、生きていくうえで時々必要なことと思っています。

[PR]
by dwd31 | 2017-06-19 20:46 | 雑記 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa