未来食堂の仕組み応用


神保町にある定食屋、未来食堂について本を読んだ(※)
その独特なシステムである「まかない」。

50分間お店の手伝いをすると、1食無料券がもらえるというもの。
お店は「まかない」で必要な手伝いを確保するため、店主以外にアルバイトは一切雇っていない。

基本的に誰でも「まかない」に参加できるので、固定したお手伝いではなく、日々違う人が携わる。
それでもお店の回転に支障が出ることは無く、まかない希望者もコンスタントに現れてよい循環になっているようだ。

固定したアルバイトではなく、その時々でお手伝いさんを募集し、対価は無料券にするユニークな仕組み。
読んでいて、ふと、この仕組みはボードゲームカフェに応用できる気がした。

ボードゲームカフェで、来店客にゲームを教える、その代わりに無料券がもらえる仕組み。そうすると店主以外にゲームを教えるための固定アルバイトは雇わなくて済むようになりそうな気がする。
小規模な店舗経営では、固定のアルバイトというのは人件費負担として重いと思うので、こうした「まかない」のアイディアを応用する形でお手伝いを取り入れられると助かる部分が、結構あるのではないか。

未来食堂の例では、料理屋の独立開業を考えている人が修行に来るという側面もあったようで、お手伝いを志願する側としても、独立のための修行とか、あるいは自分の特技とか趣味でお小遣い(無料券)もらえるような感覚で活用できるのがいいところなのでしょうね。

こういうボードゲームカフェがあればぜひお手伝いに出向きたいのですが(汗)

※読んだ本は↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由 [ 小林 せかい ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)



[PR]
by dwd31 | 2017-07-11 06:14 | ボードゲーム全般 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa