酔いどれ猫のブルース【ボードゲームレビュー:10】

・酔いどれ猫のブルース

楽器が得意な猫を4匹集めて、グループサウンズとしてデビューさせるゲーム。

e0362917_08262124.jpg
1~5の数字カードと、J(ジョーカー)の6種類。あとは得点になるネズミカード(猫の報酬と言ったらネズミ、ということですね)があります。

e0362917_08401381.jpg

手札を集めて、同じ数字のカードが4枚揃うとグループとしてデビュー、すなわち得点を獲得できます。
得点は集めた数字がそのまま得点になります。4が4枚なら4点、というように。

e0362917_08284897.jpg
どうやって手札を集めるかというと、山札から1枚ずつカードをめくり、同じ数字が2回出てきたらそこでストップ。
そこまででめくったカードを1セットとして、これをオークションで競り落とします。
競り落としたカードは手札としてもらえます。もらったときに4枚カードが揃えばその時点でデビューさせることができます。

e0362917_08305396.jpg
たとえばこんな感じで、3・4・4とカードを引いたら、その時点でオークション開始。

このゲームでポイントなのはオークションで競り値に使うのは実は自分の手札であるということ。
要するに手札を使って手札に加えるカードを買ってくる、そういうゲームなのです。

競りの値段としては、同じ数字でそろえた枚数が多いほど価値が高く、また数字が大きいほど価値が高い。つまり「3の2枚組」よりも、「5の2枚組」。「5の2枚組」よりも「3の3枚組」という形で競り値を吊り上げることが出来ます。
ただし、獲得できるカードよりも競りで使ってしまうカードの方が価値が高くては意味がないので、競りに使うカードとデビューを狙って4枚揃えることを目指すカードの使い分けが難しい所です。
e0362917_08322137.jpg
たとえば手札に1・2・3・3・4、オークションの組み合わせは3・4・4としたら、この組み合わせを取れたら3と4が3枚でデビューまであと1枚にできる。
しかしそう考えたら1・2の2枚しか競りに出せず、競りに勝てないかも。だったら3を2枚出して4のみ3枚組に出来るだけで良しとするか。それとも、次のセリに期待するか。
こうして勝負所を考えるのがポイントです。

また、Jのカードは何の数字の代わりにもなり、競り値にもデビューのときにも使えますが、ゲーム終了時に一番多くJのカードを使った人にはペナルティでマイナス5点ついてしまい、これが結構痛手。Jの使い方にも悩まされてしまう、シンプルながら戦略性があるカードゲームです。

【感想】
やっていることはとても単純ながら、カードの使い方、相手の出方をうかがうなど、とても戦略性があるゲームと思います。
手札に4枚揃っても敢えてデビューさせず、より高い数字を目指して競りに使う、という戦略もありますが、一方で得点トータルは20点前後しかないので、ある程度早くデビューさせないと宝の持ち腐れに終わる事も。
ジレンマっていう言葉を存分に楽しめるゲームだと思います。

プレイ人数:2人~6人
1ゲーム:30分程度

【評価】
ルール難易度:★★        ★が多いほどルールが複雑
戦略性:★★★★         ★が多いほど勝敗に頭を使う
おススメ度:★★★★       ★が多いほどおススメ


全て5段階評価



[PR]
by dwd31 | 2017-07-17 08:45 | ボードゲーム:や行 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa