【書評】古文書講師になれました わたしの独学体験


・古文書講師になれました わたしの独学体験 著:宇野藍子

今回は少し変わった本を。
「古文書」にある日突然のめり込み、独学で研究を重ねていくうちに講師になりました、という一種の「趣味を極めたら仕事になりました」的なストーリー。

古文書というジャンルは決して広く周知されたものではなく、むしろマイナーと思うが、その中でとにかく読んでみたい、知りたいという意欲が、勝手に自分の道を切り開いていった過程がよくわかる。

副業として収入源になるとか、生計がたてられるとか細かい点は置いておいて、この方くらい特定の好きなものにのめり込む事は、何かしら新たな出会いやステップを持ってくるものなんだな、と思った。
どうしてもこういう話を読むと「生計が成り立つのかな~」と想像したりしますが、お金以外に得られる要素が沢山あると思うんですよね。ギャンブルの様なハマってはいけない趣味でなければ、何か一つ没頭するというのは良い事ではないでしょうか。
何か思わぬ道が開けるかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古文書講師になれました わたしの独学体験 [ 宇野藍子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)



[PR]
by dwd31 | 2017-08-05 10:55 | 書評 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa