日本航空石川VS木更津総合【甲子園TV観戦記:1】

今日から夏休みで、この時期の楽しみと言えば高校野球。
せっかくなので、観戦の感想シリーズでも作ってみようと一念発起しました。

今日は朝8時から第一試合をじっくり観戦。

日本航空石川VS木更津総合

どちらも県予選の結果を見ると、エースの好投で勝ち上がってきたチームの印象。
元横浜高校コーチの小倉清一郎氏が著書で書いていた記憶があるのだが、「甲子園で優勝を目指すなら、県予選でエースを使い過ぎない事。そうしないと決勝前にエースがへばってしまう」とのこと。横浜高校では涌井が出場した夏の甲子園はまさに使いすぎて大会に入った実例で、当時TVで見ていて、勝ち進むごとにボールの勢いがなくなっていった印象がある。
この両チームはまさに県予選でエースが40イニング前後投げているので、正直優勝は厳しいな、という印象。頑張ってベスト8を目指す位置かな、と。

あと、木更津総合は、昨年も早川投手という好投手を擁してベスト8入りしており、彼と今年のエースの山下投手、比較しながら観る面白さがあった。
早川投手はすでに完成形に近いコントロールの良さがあり、組み立てが上手いな、という印象の投手だった。一方で山下投手はボールの勢いに長けているが、コントロールはもう少しで、まだまだ伸びしろがありそうだな、というのが今日の印象。

試合の方は9回に日本航空石川が山下投手の疲れをついて一挙4点、逆転勝利となったわけですが、やはり冒頭で書いた県予選での頑張りが、甲子園で疲れとなって出てしまったかな、という印象。今日の印象だと日本航空石川もやはり一番上を目指すのは厳しい。前橋育英がこのブロックには居るのと、次は花咲徳栄と対戦するのだが、両校ともにピッチャーを複数擁しているので厳しいだろうな、と。佐渡投手がどこまで頑張れるかですね。
ただ両投手とも140kmをコンスタントに出すし、いいピッチャーであるのは間違いないですし、いい勝負でした。

今や140kmピッチャーってたくさん出てくるようになったんだな、と思うとレベルはどんどん上がっているんですね。この先の試合も楽しみですね、今大会は。

[PR]
by dwd31 | 2017-08-10 17:01 | 雑記 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa