1万分の1、100分の1、1分の1


会社での仕事がどれだけ「自分のやりたい事」だろうか。
やりたい事に100%合致することは、会社にいるかぎり難しい、そう思う。

その理由は、会社は自分以外の人がいて初めて成り立っている組織だから
会社に社員が1万人いれば自分は「1万分の1」の存在にすぎないし、100人の会社でも「100分の1」。
要は社内では「その他大勢」の一人である限りは、やりたい事ですべてを埋め尽くすのはなかなか難しい。

やりたい事100%を突き詰めようと思ったら、最終的には個人事業主になるしかないのでは、と最近思い始めた。
つまりは、「1分の1」の存在になること。こうしたらやりたい事は何でもできる(当然リスクも責任も負うことになりますが)

逆に、会社にいる限りは「1万分の1」か「100分の1」になるかは規模によって違いますが、結局は「その他大勢」にすぎない気楽さ、というのはもっとメリットとして感じてもいいことかもしれない。
所詮その他の一員なので嫌な仕事なら辞めても大して差し支えないし、それがブラック企業ならなおさら。
1万分の1でいいのであれば、居場所になる会社は他にもたくさんあるのですから。

転職して会社自体も「たくさんあるうちの一つにすぎない存在」というのがはっきりわかりました。
嫌でも我慢して過ごす、そういう必要性がある場所ではないのです、会社は。

一方で、仕事以外の場では「1分の1」として生きる場面はたくさんあります。
家族として考えたら自分の代わりは基本いません。趣味をやるにも、人それぞれの趣味と楽しみ方があるし、それも1分の1の世界かもしれません。
突き詰めたら自分の人生そのものが「1分の1」ですから、何を最優先すべきかは自分が決めること。
仕事で家庭を犠牲にするという考え方なんて、「その他大勢」で生きているだけの世界がそんなに大切ですか?
そう考えたら答えは簡単に出そうですね。

[PR]
by dwd31 | 2017-11-11 08:15 | 仕事 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa