ドメモ【ボードゲームレビュー:73】

・ドメモ

見えないようにして配られた数字を当てるというゲームです。なんだかわかりづらい言い方ですが、そういうゲームです。

1から7までの牌があり、それぞれ数字と同じ枚数が用意されています(1なら1枚、7なら7枚)
これを伏せてシャッフルして、各プレイヤーに均等に配ります。
配られなかった牌は、伏せてゲームから除けておくものと、表向きにして公開するものに分かれます。
また、各プレイヤーに配られたものは、本人からは見えず、他の人から見えるようにして手元に並べます。
(要は普通の麻雀やトランプゲームで配られるときとは逆の向きに並べる)

使う牌は下記の様な感じです。これを自分には見えず、相手に見えるように立てて並べます。
e0362917_17374692.jpg
自分の牌が見えないものの、相手の牌は全て見えます。また、一部使われなかった牌が公開された状態になっているので、それらをヒントにして、自分の牌を当てていきます。
例えば、相手の牌を眺めてみて、2が2枚見えている様だったら、自分の手元には2は絶対にありません。
こういう考え方をしながら自分の牌を当てていきます。
順番に手番が来たら、手元にあると思われる数字を1つ予想して宣言します。実際にその数字が存在したら、1枚だけ(複数あったとしても1枚のみ)手元から取り除かれて、次の人の手番に移ります。外れてしまった場合はそのまま何も起こらず手番が終了し、次の人に移ります。
これを繰り返して、最後まで当てられずに残ってしまった人が負けです。

感想
極めて単純なルールでやりやすいです。もちろん相手の見えている牌を情報源として活用するのは当たり前ですが、相手の人がどの数字を宣言しているのか、もヒントになります。
普通に考えれば、枚数が多い6とか7は1枚くらいは手元にある可能性がかなり高いので、その数字から優先的に宣言することが多いはずです。ただ、そうではないときがあって、それは何故なのだろうと考えると、例えば自分の手元に大量に6や7があるのではないか、そういう推測を立てていく事がポイントになってくるのです。

まあ、慣れると飽きがやや早いかなと思うゲームなので、たまに広げて気軽にやる、というタイプのゲームだと思います。

プレイ人数:2人~5人
1ゲーム:15分程度

【評価】
ルール難易度:★         ★が多いほどルールが複雑
戦略性:★★★★         ★が多いほど勝敗に頭を使う
おススメ度:★★★        ★が多いほどおススメ


全て5段階評価


[PR]
by dwd31 | 2018-09-15 17:48 | ボードゲーム:た行 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計300種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa