人気ブログランキング |

クローバーブーケ【ボードゲームレビュー:216】


・クローバーブーケ

数字のカードを出し合って勝敗を競うゲームです。
ダイソー100円ゲームシリーズとして販売されてました。

2人専用のゲームですが、各自、数字の0から9までのカードを1枚づつ手札とします。
裏側の模様の色が異なっており、片方の色を片方のプレイヤーが手札とする形で、両者
同じ数字カードのセットでスタートします。
クローバーブーケ【ボードゲームレビュー:216】_e0362917_12110724.jpg
ゲームの進行は、まず相手の手札からババ抜き形式でお互いに1枚づつ引きます。
そのあと、引いたカードに1枚自分の手札を加えて、合計2枚のカードを選んで
一斉に出します。
お互いに出した2枚のカードの数値を合計して、大きい方が勝者となります。
勝敗を決したら、また同じ様に残った手札からお互いに1枚ずつひき、再び手札
から1枚加えた2枚のカードを出します。

手札は10枚でスタートしているので、合計5回この勝負が行われ、
3回勝った方が勝者です。
数字が同数の場合は引き分けも含まれます。

ここまでだと非常に単純なルールですが、1個だけ特殊な数字が混じっていて、
4がそれに該当します。

4を含む形で2枚のカードを出した場合、合計値が小さい方が勝者となります。
また、4が2枚同時に出てきた場合は、引き分けとなります。

感想
4の使い方と、持っている手札からランダムに相手が引いていってしまうこと、
その2つを考慮しながら出す手札を考えていく、シンプルながら戦略性がある
ゲームです。
この枚数ならどのカードがまだ残っているかは読めるので、残り札を考えながら
プレイしていくことになりますが、相手に引かれる可能性を考えると、一概に
強いカードを温存しておいても無駄になる可能性もあり、勝負どころを適切に
判断できるかが問われます。

まあ、そこまでシリアスにプレイする様なゲームではないと思いますが、
100円ゲームとしては結構戦略の考えどころがあるゲームだと思います。

プレイ人数:2人
1ゲーム:10分程度

【評価】
ルール難易度:★        ★が多いほどルールが複雑
戦略性:★★★
        ★が多いほど勝敗に頭を使う
おススメ度:★★★       ★が多いほどおススメ

全て5段階評価


by dwd31 | 2021-01-04 12:19 | ボードゲーム:か行 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計400種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa