人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ディナーインパリ【ボードゲームレビュー:238】


・ディナーインパリ

パリを舞台に飲食店を開いていくというテーマのゲームです。

ディナーインパリ【ボードゲームレビュー:238】_e0362917_09523137.jpg
中央にボードを置きまして、正方形の端っこの辺に沿って自分の飲食店を建設できます。
その後、そのお店のテラス席をボードの中央の方へ向けて配置していきます。

飲食店は全プレイヤー共通のストック数になっていて、早い者勝ちになります。
お店にはいくつかの種類がありますが、種類ごとにストック数も限られているので、
建てたかったのに先に取られてしまう、というケースもあります。

飲食店を建設するには食材カードというのをあらかじめ集めて、お店に必要な種類の
食材カードを使用する必要があります。
お店を建設できると、そのお店に隣接する形でテラス席の配置ができるようになります。

テラス席用のタイルが各プレイヤーの個人ボード上に用意されています。
ここからタイルをとって、自分のお店に配置していきます。

なお、タイルの配置方法にはルールがあって、他のお店(自分のものも含む)のテラス席
と隣接するようには置けません。

テラスとして配置すると、配置した分ボード上に空きスペースが生まれます。
そのスペースの下には得点が書いてあり、空ければ空けるほど得点が最後に
高くなります。

また、得点の代わりに収入が増える効果もあります。
このゲームではテラス席を配置するためにはお金が必要なので、それに用いるための
ものです。

お店にはランクが4つあって、それぞれのランクに対応した列のテラスタイルしか配置
できません。

ランクが低いほどテラスを配置するコストは低く済みますが、ランクが高いほど空けた
スペースに対する得点が高くなっています。
ディナーインパリ【ボードゲームレビュー:238】_e0362917_09523971.jpg
ゲームの流れとしましては、手番が来たら、
食材カードの獲得+追加2アクションが実行できます。

追加アクションの種類
・食材カードの追加獲得
・お店の建設
・テラスの配置
・目標カードの達成

これを所定の終了条件を満たすまで繰り返して、最後は得点を競います。
得点要素としては、

・お店建設による得点
・テラス配置による個人ボード上の得点
・目標カード達成による得点
・開始時に3つ用意される競争条件でのプレイヤー間順位による得点

があり、総合点を競います。

感想
お店を置いてタイルを配置するという流れはシンプルで、やりやすい
内容のゲームです。
基本的にはいかにテラス席を拡張していけるかが勝負のポイントで、
他の人のお店と競合しながら、ボード状のエリア取り争いをしていく
感じのゲームです。

ただ、お店のストック数が少ない印象で、食材カードの組み合わせが
うまくできないとお店がスムーズに建てられないばかりか、先にお店
がストック切れしてしまうということもあるので、最初に配られる
食材カードの運と、先手後手による有利不利が結構大きく響くような
気がしました。
(お店が立たないとテラス配置もできないですし)

わかりやすくてやりやすいけど深くハマるかというとそこまでではない、
そんな内容になるかと思いました。

プレイ人数:2人~4人
1ゲーム:60分程度

【評価】
ルール難易度:★
      ★が多いほどルールが複雑
戦略性:★★★
       ★が多いほど勝敗に頭を使う
おススメ度:★★★      ★が多いほどおススメ


全て5段階評価



by dwd31 | 2021-07-26 10:10 | ボードゲーム:た行 | Comments(0)

ボードゲームのプレイ記録です。累計400種類プレーに到達しました、面白いゲームを紹介したいと思います!


by sawa